注目キーワード
  1. ペット保険
  2. 補償

我が家の大事な家族でもある犬のための保険を検討することになりました。
犬はトイプードルで3歳のオスです。
とっても可愛くって溺愛中です^^

そんな犬のための保険がペット保険です。

ペット保険ははいらないでもいいやって思ってたんですが
知り合いから病気で入院すると数十万単位でお金がかかることを知らされて、ビビっております。
そんな高額な出費がいつやってくるかわからないとなると不安です。

そこでペット保険の出番というわけです。

ペット保険について

ペットのための保険なのは言うまでもありませんが
どういったときに保険が出るのでしょうか。

まず、入院や治療による出費をカバーしてくれます。
カバーといっても全額出るというより一部を補填してくれるイメージです。

そのカバー率も入るペット保険の種類や会社によって違います。
大手と言われるペット保険が数社あります。

一番!?有名なのはアニコムではないでしょうか。
おそらくペット保険初期の頃からある保険だと思います。

最近加入者が増えてるがアクサダイレクトでしょうか。
生保・損保のグループ会社であるため、知名度もあるということで安心感あります。

入るなら早めがおすすめ

ペット保険に入るなら年齢が若いうちが良さそうです。
高齢になると入れなかったり病気しているとNGになることもあります。
このあたりの仕組みは人間の保険と同じです。

やはり健康なうちに入っておくのがオススメということになります。

また、一度入ったらずーっと続けるのが基本です。
途中でやめちゃうとそれまでの保険料は掛け捨てになるため戻ってきません。
毎年更新しておくのが良さそうです。

プランは迷う

ペット保険は会社によって内容が異なることは述べましたが
同じ会社でも複数プランが用意されてるペット保険会社もあります。

アクサダイレクトのケースでみてみると「50プランと70プラン」があります。
違いは補償される割合が異なります。

50プランだと払った金額の5割が補償されます。
70プランだと払った金額の7割が補償されます。

もしもペット保険を使うときになったら補償額が大きいほうが有り難いのは言うまでもありません。
その分毎月の保険料が高くなるため難しい選択です。

NEWS お知らせ